プロテクノPNFが治療に有効な理由<電気治療装置の究極論>

04.15


プロテクノPNFが治療に有効な理由<電気治療装置の究極論>

刺激対象組織への適正な周波数選択が可能な装置
すべての物質には固有振動数があり、周波数の発振による鎮痛系の神経細胞、
神経線維や疼痛抑制物質など、鎮痛に関与している共振現象を引き起こすことにより、鎮痛効果が生じる。
頑固な疼痛に対しては多数の周波数を適応させて、多周波数併用効果を得させることが可能な装置
マルチパルス治療器 プロテクノPN

鎮痛作用機序

1.感覚促進系の活動低下作用
2.感覚抑制系の活動亢進作用
a.下行性鎮痛系への作用 b.上行性鎮痛系への作用

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る