プロテクノ波形

04.15


プロテクノ波形

プロテクノPNFが出力するプロテクノ波形は、最高で約10MHz(10,000,000Hz)を超える範囲の周波数で構成された約2.7KHzの交流波形です。
2.7KHzの周波数は、刺激が心地良く、筋肉を刺激する為に最適とされている中周波(1000?10,000Hz)にあたりますが、プロテクノ波形は、多くの中周波と比較した場合、基本周波数自体がさらに高く広い範囲の周波数で構成されている「合成波(マルチパルス)」であるという点で大きく異なっています。
また、通電時には、生体内において正弦波様に歪みを生じるため、体感が非常にソフトに感じられます。

特許名:生体刺激装置
特許番号:特許第3503135号
特許取得国:アメリカ、スペイン、スウェーデン、イタリア、ドイツ、イギリス、フランス、オランダ、日本、韓国

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年8月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る